FC2ブログ

また山?

どんとなった ♪ 花火だ ♪ きれいだな ♪ 空いっぱいにひろがった ♪

「本谷山~ブナ広場テン泊  日向登山口より」

くじゅう下山後、向かった先はここでした~ (^-^)/

DSC04767_20160928203531a16.jpg

祖母傾縦走路にある 「ブナ広場」 です!



くじゅう下山後に次どうしよか???

と暇つぶしに持ってきてた 「のぼろ」 の表紙にテントの写真が…

その場所は 「山上のオアシス、ブナ広場」 でした

記事を読んでみると登山口からさほど時間がかからず行けそうなのでここに決定!

竹田経由で尾平へ

途中でこんな看板が…

DSC04842.jpg

そしてナビが迂回ルートへ誘導する

そのルートへ迂回すれば約50㎞は遠回りしなくてはならない

ダメ元でそのまま進むとやはり工事中の看板が…

DSC04841_20160928210033c2c.jpg

やはり通行できないのか???

工事の方に聞いてみると通ってよいとのこと!!!

良かったぁ~

そして無事に登山口がある尾平越トンネル(宮崎県側)に到着

DSC04743.jpg

ここには登山口が二か所あるが登りは 「日向(ヒムカ)登山口」 に取り付く

13:22 にスタート

登山道は比較的歩き易いが久しぶりの歩荷なので滝汗

額からは汗がポタポタと落ちる

汗を拭こうと立ち止まると小バエがまとわりつき鬱陶しいのでノンストップで 「尾平越」 へ上がる

DSC04754.jpg

前回ここからトンネルの大分県側へエスケープして失敗したことを思い出した (;_;)

今回は縦走路を東へ

DSC04757.jpg

緩やかな登りを歩いて行きます

DSC04758.jpg

三郡山地の縦走路も好きだがここの縦走路も大好きだ

DSC04762.jpg

気持よく歩いて本日のベースキャンプ地の 「ブナ広場」 へ

DSC04772.jpg

幕営が完了すると小雨が落ちてきた

しばらくテントの中を整理しながら休憩

やっと小バエの攻撃から解放された

落ち着いたところで雨がやんだので縦走路を散歩

こんなところが目の前に現れたらついついスキップ♪しちゃいます

DSC04782.jpg

ササ原はガスの中

DSC04790.jpg

展望のない 「本谷山」まで歩いてブナ広場へピストン

DSC04793.jpg

水場で水浴びしスッキリした後はご褒美のビール

この瞬間がたまらない

DSC04802.jpg

坊がつるでテン泊する予定だったのでディナーは 「すき焼き」

(なぜか?坊がつるではいつもすき焼きなので……… 特に意味はありません)

テントに入って降り始めた雨が19:00を過ぎたころから土砂降りに

ラジオの音が聞こえないほどの大きな雨音

そして繰り返す稲光と響き渡るゴロゴロ音

幸い近くはなかった

一時間ほどすると雷はおさまった




一晩中降った雨

翌朝5:00に目が覚めると小雨になっていた

その雨は夜明け頃やんだ

テントから出てみると大障子岩の稜線が見えた

DSC04808.jpg

モーニング食べてマッタリした清々しい朝のひと時を過ごす

軽くなったザックを背負いブナ広場を後にする

DSC04817.jpg

南側には雲海が広がっていた

DSC04823.jpg

縦走路でハートを見つけてホッコリ~

DSC04826.jpg

結局、歩いている時は雨にあわずに良かった

でも終始、小バエが纏わりつくので参った。。。

祖母までピストンしたかったが今日はここまで

DSC04833.jpg

今度は必ず行くから待ってろよ~ 祖母山!

あ~ 紅葉が楽しみだな~ ^^





軌跡

日向登山口  0:52'32 ブナ広場 0:55'40 本谷山 0:23'56 ブナ広場 0:28'26 本谷登山口

トータル 2:40'34




スポンサーサイト



  1. 2016/09/28(水) 22:38:00|
  2. 「宮崎」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「くじゅう(途中撤退)。。。  牧ノ戸より」

9月27日





本日の山行予定は…

天狗ヶ城朝駆け → 坊がつるテン泊 → 大船山朝駆け

スタート地点の牧ノ戸峠に向かう途中ラジオから27日から28日かけては雨予報と流れてくる

今日天気を確認しなかった間に変わっていた。。。

牧ノ戸に到着して仮眠しAM3:00のアラームで目が覚めるも外は風と雨

しかも風はそこそこ強そう

このままスタートするかどうか考えてたら二度寝

6:00に目が覚めると雨はやみ風もおさまっていた

天気予報を確認すると変わらず明日も雨予報

テン泊は諦め小さいザックで 7:04 にスタート

DSC04710_2016092817304925b.jpg

コンクリートの道を上がり東屋まで来ると雲の切れ間から青空が見えていた

DSC04712.jpg

しかし沓掛山の先から稜線を望むと…

DSC04716_20160928173051944.jpg

久住山方面はガスで何も見えない状態

先に進むにつれて風が強くなり雨が降ったやんだりを繰り返す

扇ヶ鼻分岐手前で立ち止まる

DSC04724.jpg

朝駆けされた方々が下山してくる

話しを聞くとこの先も状況は変わらずとのこと

小学生の女の子を連れたお父さんも「子供と一緒だから諦めて下山します」と引き返された

しばらく考えた結果…

この先無理して進んでも楽しい登山にはならないと判断しわたしも下山することとした

ゆっくりとお花を眺めながら牧ノ戸へ戻る


「ヤマラッキョウ」

DSC04728.jpg


「アキノキリンソウ」

DSC04730.jpg


東屋手前まで来ると青空に虹が出とった \(^o^)/

DSC04739.jpg

登山口手前で幼児30人ほど連れた団体とすれ違う(幼稚園の遠足かな?)

どこまで行くのか聞くと久住山山頂までとのこと

上の状況を説明しやめといたほうが良いと言ったがそのまま登って行かれた

その他、ツアーの団体や多くの登山者が登って行かれたが大丈夫だったのか心配です

登山口では天気が良くても上では悪天候の場合もあるので注意が必要ですね~



軌跡

牧ノ戸 0:45'41 撤退 0:44'21 牧ノ戸

トータル 1:30'02



せっかくテン泊の準備してきたし明日までたっぷり時間もあるしな~

今からどうしようかな…???




  1. 2016/09/28(水) 18:26:00|
  2. 「大分」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

一本松 次郎

Author:一本松 次郎

最新記事

最新コメント

カテゴリ

「登山」 (215)
「宝満山」 (141)
「三郡山地」 (7)
「福岡」 (32)
「佐賀」 (2)
「長崎」 (0)
「大分」 (21)
「熊本」 (5)
「宮崎」 (4)
「鹿児島」 (0)
「山口」 (2)
「鳥取」 (1)
「お花観賞」 (2)
「トレラン・マラソン」 (7)
「ボランティア」 (2)
「ラーメン」 (1)
「その他」 (3)
「未分類」 (0)
「広島」 (0)

カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR