FC2ブログ

また山?

どんとなった ♪ 花火だ ♪ きれいだな ♪ 空いっぱいにひろがった ♪

「大迫力の滝巡り  宝満山  提谷新道~大谷尾根道 本導寺より」

6月22日




本導寺の提谷入口を 10:35 にスタート

昨晩からの雨はやむことなく降り続いており

沢の水量はいつもより多く爆音をたてて流れています

提谷名物の滝巡りも今までで一番見応えがあります

せっかくなので名が付いている滝をすべて紹介


「一の滝」

DSC01604.jpg



「二の滝」

DSC01610.jpg



「三の滝」

DSC01613.jpg



「初音の滝」

DSC01617_20160622172931156.jpg



「前の滝 (男滝)」

写真撮り忘れた (;_;)



「奥の滝 (女滝)」

DSC01622.jpg

水量が多くて近くに寄れません



「鼓の滝」

DSC01626.jpg



「金剛の滝」

DSC01631.jpg



「水垢離(ミズゴリ)の滝」

DSC01638_2016062217295044e.jpg



「般若の滝」

DSC01643_20160622172951286.jpg



「行者の滝」

DSC01647.jpg



「モミジ」

DSC01652.jpg



「絶食の滝」

DSC01654_201606221730102ef.jpg



そして最後に 「清めの滝」

DSC01662.jpg



大迫力の滝巡りを終えて 「百日絶食記念碑」 へ

DSC01663.jpg

ここからは最短ルートで無人の 「宝満山」 山頂 (気温18℃) へ

DSC01683.jpg

本降りの山頂からはまったく展望なし

DSC01671.jpg

フィルターが曇ってしまったので外して撮影

DSC01674.jpg

写真だけ撮ってすぐに下山



今日の 「稚児落し」

DSC01691_201606221730345a6.jpg



こちらも無人の 「キャンプセンター」

DSC01695.jpg

下りは 「大谷尾根道」 で!

途中、豪快にスライディングして泥だらけになったので最後の沢で水浴び

最後まで傘をさしてたが結局は全身ビチョヌレ

しかもまたもや傘はボロボロ… (T_T)

でも最高の滝巡りができた

これからの季節は裏通いが続きそうです^^




無題

提谷入口 0:58'15 百日絶食記念碑 0:23'01 宝満山 0:27'26 猫谷入口

トータル 1:48'42





スポンサーサイト
  1. 2016/06/22(水) 20:21:00|
  2. 「宝満山」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「宝満山  仏頂山コース~河原谷コース 柚須原より」

6月21日




柚須原を 14:38 にスタート

DSC01547.jpg

昨晩の大雨で宝満川のBGMのボリュームはいつもより大きめ

最初の沢を渡るところで既にシューズはビチョ濡れなので豪快に沢の中を歩いて渡る

樹林帯の中はひんやりとしていて心地よい

しかし分岐点を左に進路をとると急登

ここからは汗がタラタラ…

久しぶりに 「鬼の歯岩」 をパチリ

DSC01549.jpg

縦走路手前を左折して 「普池の窟」 へ

DSC01550.jpg

こちらも久しぶりに 「自然石十三仏梵字」 を一枚

DSC01553.jpg

写真では分かりませんがこの大岩にはたくさんの文字が彫り込まれています

もちろんわたしには解読不可能

今日は水場を上からパチリ

DSC01556.jpg

真っ白なキャンプセンター

DSC01560.jpg

もう少しで開花しますよ~ ♪




ガスの中の 「宝満山」 山頂(気温22℃)

DSC01576.jpg

もちろん展望なし

DSC01577.jpg

雨上がりはこのショット!

DSC01568.jpg

夏に向けて着々と準備中!

DSC01567.jpg

またもや…  どうしてこんなことを………

DSC01573.jpg

最近、なんかおかしくないっすか?




今日の 「稚児落し」

DSC01582.jpg

「仏頂山」

DSC01587.jpg




下りは段々の小淵経由で!

今日一番の難所

DSC01592_20160621185630867.jpg

水量がいつもより多いので慎重に下りましたよ

「末廣の滝」

DSC01597.jpg

いつもより大迫力で圧巻です

太郎さんお気に入りの滝

DSC01603.jpg

そして最後はもちろん…

IMGP0008_2016062118563407c.jpg

どぼ~ん!

冷たくって気持ちよかったぁ~




軌跡

柚須原 0:50'45 普池の窟 0:15'37 宝満山 0:09'40 仏頂山 0:38'51 柚須原

トータル 1:54'53




  1. 2016/06/21(火) 20:13:00|
  2. 「宝満山」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ホタル・ゴロン・ドボン!  宝満山朝駆け うさぎ道~だごしゃん道 昭和の森より」

6月15日




ホタルが舞う昭和の森を 3:14 にスタート

早朝なので少数だったが日が暮れてからはもっとたくさん飛んでいるかもね?!

今朝はさほど蒸し暑くない

うさぎ道へ出ると風が抜けて気持ち良かった

しかし縦走路手前からガスが…

もちろん 「宝満山」 (気温17℃)もガス・ガス・ガス…

上宮に早朝のご挨拶

DSC01492_20160615091315633.jpg

夜景は全く見えません

DSC01490.jpg

シャツを着替えてコーヒー飲みながら岩に寝転がってリラックス

DSC01500.jpg

しばらくすると寒くなり移動

DSC01501.jpg

やはり定刻過ぎてもあたりは真っ白~

DSC01503.jpg

御来光は見られませんでしたが気持ちのよい朝でした~ (-∀-)



今朝の 「稚児落し」

DSC01507.jpg

こんな朝のここが好き



もちろんキャンプセンターも真っ白!

DSC01511.jpg



水場も幻想的な空間に大変身

DSC01515.jpg



「仏頂山」

DSC01518.jpg



先日刃物で切り落とされていたが…

DSC01521.jpg

さらに茎の真ん中からへし折られていた

そこまでしなくてもよいのに。。。 (;_;) 



縦走路のお気に入りの場所で一枚

DSC01524.jpg



五兄弟はというと…

DSC01527.jpg

次男の茎が曲がっていた

大丈夫か?



「大滝」

DSC01532.jpg

水場で汲んだ水を捨てて入れ替える



大滝のすぐ下の小さな滝

DSC01537.jpg

倒木が片付けられとった

ありがとう~



そしてお楽しみの 「ナメ滝」 へ

DSC01541.jpg

この季節、ここに来たらもちろん…

スリー・ツー・ワンで


どぼ~~~ん!!


一気にクールダウン

メッチャ冷たかったぁ~

さらにスライダー

IMGP0004_20160615091413f78.jpg

山での水遊び、最高ですね~

この後はなるべく汗をかかないようにゆっくり歩いて 「草ヶ谷ダム」 へ

DSC01542.jpg

ヒメジョオンが咲いとった (嬉)


今朝はホタル見て、山頂でゴロンして、そしてドボン!

あ~ 楽しかったぁ~

今度はどこで遊ぼっかな? (笑)




軌跡

昭和の森 1:11'25 宝満山 0:04'12 キャンプセンター 0:30'04 大滝 0:18'18 ナメ滝 0:16'48 昭和の森

トータル 2:20'47




  1. 2016/06/15(水) 10:06:00|
  2. 「宝満山」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「宝満山  猫谷川新道~大谷尾根道 本導寺より」

6月14日




本導寺を 10:49 にスタート

DSC01450.jpg

暑い季節になりましたね

ジンワリと汗が出てきます

しかし滝巡りで涼を得ます

滝つぼに光が差し込む 「扇の滝」

DSC01454.jpg

今日は斜め横から 「夫婦の滝」

DSC01458.jpg

庭石荘上の分岐を右に行くと 「ユキノシタ」 の群生がお出迎え

DSC01462.jpg

キャンプセンターで呼び止められてしばらく山情報の交換会

その後 「宝満山」 山頂(気温22℃)へ

DSC01474.jpg

遠くは霞んでいるが気持の良い青空が広がっていた

DSC01478.jpg

裏からは甘木三座までで英彦山は見えなかった

DSC01470.jpg

ヤマボウシもそろそろ終わりですね~

DSC01467.jpg

今日の 「稚児落し」

DSC01480.jpg

キャンプセンターへ戻り…

DSC01486.jpg

水場へ寄り道

DSC01487.jpg

水分補給して下りは 「大谷尾根道」 をトレラン

ニューシューズの感触はまずまず

足全体のホールド性と踵のクッション性が気に入った

グリップもそこそこだしこれからの主役なりそうだ

欲を言えばこれからの季節を考えるとゴアだったら◎だったのにな。。。




軌跡

本導寺 0:45'36 キャンプセンター 0:02'31 宝満山 0:05'01 水場 0:18'50 本導寺

トータル 1:11'58



  1. 2016/06/14(火) 20:21:00|
  2. 「宝満山」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「オオヤマレンゲ  英彦山 裏英彦山~中岳~北岳 豊前坊より」

6月8日




豊前坊を 5:23 にスタート

車道を歩いて薬師峠へ向かう

DSC01110.jpg

地図で本日のルートを再確認

DSC01109.jpg

林道がコンクリートになっとった

DSC01111.jpg

裏に取り付く

DSC01112.jpg

分岐点の道標が谷に落ちとったので拾い上げた

DSC01118.jpg

ガスに包まれた緑豊かな山中に小鳥のさえずりが響き気持ちの良い早朝の山歩き

DSC01124.jpg

「ケルンの谷」

DSC01132.jpg

名のとおりケルンがいっぱいあった

DSC01128.jpg

ここから稜線目指して直登

稜線に上がってももちろんガスの中

DSC01142.jpg

とりあえず上宮にご挨拶

DSC01146.jpg

休憩する前に本日の目的地①へ

無題1-5

逢いたかったよ 「オオヤマレンゲ」

無題1-4

すでに終わっている花もありました

無題1-1

でも蕾が数個あったのでまだ鑑賞できそうですよ~

無題1-3

霧の中に佇む中岳の大杉

DSC01204.jpg

ちょっとだけパワーをもらう (*^_^*)

DSC01203.jpg

本日の目的地②

無題2-1

今年も逢えた 「ヒコサンヒメシャラ」

無題2-3

ギリギリセーフのタイミングで逢えて感動~

そして北岳経由で本日の目的地③へ

無題3-1

真っ白で清楚な佇まい

無題3-2

見ているとウットリしちゃいますね~

無題3-3

上のオオヤマレンゲは足場が悪いので注意が必要です!

無題3-4

貴婦人に癒された後は豊前坊へ下る

DSC01248.jpg

オオヤマレンゲ、また来年逢いに来るからね~



 

軌跡

豊前坊 1:04'45 ケルンの谷 0:22'41 中岳 0:15'46 北岳 0:37'05 豊前坊

トータル 2:20'17




  1. 2016/06/08(水) 21:20:00|
  2. 「福岡」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「どうして…???  宝満山  河原谷~うさぎ道 昭和の森より」

6月7日



今日は朝駆けではなくゆっくりスタート

12:16 に取り付く

久しぶりに河原谷を直登し難所が滝へ

DSC01051.jpg

元祖から本家へ

DSC01055.jpg

ヤマアジサイがチラホラと準備中

DSC01057.jpg

開花が楽しみですね~ ♪



縦走路へ上がりモミの木ロードをスキップして挨拶しに行ってみると………









ぅ(@゚Д゚)@。Д。)わぁぁぁぁぁぁ~~~~~~~~ッ!!!!!!!!!!!!

DSC01063.jpg

見るも無残なお姿になっていました。。。

頭部を刃物でバッサリ切り落とされていた(号泣)

これからの成長を楽しみにしていただけに非常に残念でなりません

確かに見た目は悪いがこいつも毎年毎年この地にしっかり根を張り

そして芽を出して一所懸命に生きているんです

どうしてこんなことを………

DSC01070_201606071922556b4.jpg

手を合わせる



「宝満山」 (気温 21℃)

DSC01091_20160607192301d76.jpg

鐘の綱の下端の飾りが戻っとった \(^o^)/

DSC01075.jpg

裏の岩場のヤマボウシが満開!

DSC01082.jpg

山頂はガスの中で展望なし

DSC01084.jpg

キャンプセンターが薄っすら見える程度の視界



今日の 「稚児落し」

DSC01096.jpg



無人の 「キャンプセンター」

DSC01103.jpg

シャガも終わりこれといってお花は咲いていませんでした



下山は「うさぎ道」」で!

DSC01106.jpg

今日はスッキリしない天気でした

しかも気分も。。。

最後宝満山は顔を出してくれなかった (;д;)

登らせていただきありがとう~




軌跡

昭和の森 0:41'33 難所が滝 0:18'58 仏頂山 0:05'35 宝満山 0:05'32 水場 0:32'02 昭和の森

トータル 1:43'40




  1. 2016/06/07(火) 20:01:00|
  2. 「宝満山」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「くじゅう17サミッツ + ミヤキリフィーバー ♪」

5月31日




震災後はどうなのか?…

と心配していたが余震回数は以前と比べると減りさほど影響もなく安全に歩けるらしいので

満を持して 「くじゅう」 へ!

自宅を出発する時は

吉部 → グリーンロード → 平治岳 → 大船山

の予定だったが急遽変更して 「大曲」 へ

しかし震災の影響なのか? 路面がうねっているため道路工事中


地震の影響❶ 道路工事による片側交互通行区間のため駐車禁止

DSC01041.jpg

(下山時に撮影)



仕方なく牧ノ戸へ

その牧ノ戸登山口を 4:58 にスタート

まずは朝焼けが素晴らしい一日の始まりを演出してくれました(嬉)

DSC00837_2016060116504610c.jpg



地震の影響❷ 沓掛山手間の岩場に「立入禁止」の黄色のテープが張られていた(写真なし)



① 「沓掛山」 (1503m)

DSC00851_20160601165048b3f.jpg

御来光鑑賞するカップル

元気よく 「おはようございます」 と声を掛けてくれた

なんと気持ちのよい朝だろう!



取り付き点を変更した理由

それは…

くじゅうには1700m級の山が9座あります

その9座のピークすべてに登ろうという「くじゅう17サミッツ」に挑戦するためです!

今日一日めいっぱい使ってくじゅうの大自然を巡りミヤマキリシマを鑑賞したいと思います



せっかくくじゅうを巡るので1700m以下のピークにも足を延ばします

② 「扇ヶ鼻」 (1698m)

朝陽がくじゅうの山を彩るミヤマキリシマを照らします

DSC00863.jpg

去年はシャクの被害で残念な姿だったが今年は多くの登山者を魅了しようと着々と準備中!

DSC00864.jpg

開花はまだまだだが蕾が多く今年は期待できるかもね?! (*^_^*)

DSC00866.jpg

今朝のくじゅうには清々しい青空が広がる



「星生山」 (1762m

DSC00882.jpg

北側の斜面にはミヤマキリシマが彩っていましたよ



4座目の山頂標識が奥に見える

DSC00890.jpg

おはよう~ (^-^)/



「久住山」 (1786.5m)

DSC00893.jpg

空気のクリアー度は高く薄っすらではあったが三郡山地も見えていた



次のピークへ

DSC00895.jpg

振り返るといつまでも見つめられていた (#^.^#)



「稲星山」 (1774m)

DSC00897.jpg

ワンデイ周回リベンジしてみたい祖母傾



でっかい表札が出来とった!

DSC00908.jpg




「天狗ヶ城」 (1780m)

DSC00914.jpg

猫耳にはいつになったら朝駆けできるのだろうか? (;_;)



「中岳」 (1791m)

DSC00916.jpg

平治がピンクに染まってる!! ウオ━━(#゚Д゚#)━━!!

そして立中も………



中岳南斜面の急勾配を下る

DSC00923.jpg



地震の影響❸ 「稲星越」

DSC00924.jpg

沢水方面は通行止め!



「白口岳」 (1720m)

DSC00925.jpg

このピークには取り付きにくい

でも頑張って登ってくるとそこはくじゅうの名山が360°パノラマで一望できる素晴らしい頂である



鉾立峠まで急降下しさらに登り返し…

⑨ 「立中山」 (1464.4m)

DSC00939.jpg

山頂周辺はミヤマキリシマでいっぱいでした



17サミッツの挑戦は今回で3回目

3年前の初回はクリアー

しかし一昨年の2回目は悪天候のため途中でリタイアしました

今回の挑戦は前回のリベンジでもあるので是非とも達成したい

その挑戦を有利に進めるには何度かチャレンジして断念している大船山の西斜面の 「鉢窪ガレ場ルート」 を踏破したい

立中山から赤テープを辿り木々のトンネルを進むと開けた鉢窪に出た

そこから先の取り付きが分からず草原を彷徨いかなりのロスタイム

しかし何とか赤テープを見つけ「鉢窪ガレ場ルート」に取り付けてホッと一息

それもつかの間で急登が前を憚り額から汗が滴り落ちる

右手にガレ場を見ながら登り樹林帯を抜けると稜線の岩場が見えた

ついにこの「鉢窪ガレ場ルート」を攻略できた \(^o^)/



「大船山」 (1786.2m)

DSC00947.jpg

ここに来たらこれやないとね!

DSC00954_20160601165751a65.jpg

くじゅうのピークで一番好きなところ

次回は朝駆けで来てみたいな~ ^^

新緑に包まれて生き生きとした 「御池」

DSC00962_201606011657535d2.jpg

気になる段原は…

DSC00950.jpg

北大船と平治は染まってる~



その段原から大船山を振り返る

DSC00970_2016060116575640a.jpg

こちらはまだまだ今からのようです

北大船は5分咲きといったところか?

DSC00967_20160601165755156.jpg

「北大船山」 (1706m)

DSC00975.jpg

徐々にワクワク感が高まってきます

DSC00976.jpg

う~ん コレコレ!

DSC00979.jpg

これを見たかったんだよね~

そしてついに平治が間近に迫ってきた

DSC00980.jpg

今年はいいぞぉーーーー  ドキドキ💕

そして大戸越へ

DSC00984.jpg

よし! 行くぞーーー

DSC00994.jpg

「平治岳」 (1643m)

DSC00996.jpg

一面にミヤマキリシマの絨毯が広がっていました

DSC01003_20160601170015b77.jpg

まさに 「ミヤキリフィーバー ♪」 でした~ (」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ

DSC01012.jpg

まだ満開ではありませんでしたがそれでも見応え十分でしたよ

DSC01009.jpg

平日にもかかわらずたくさんの登山者がミヤマキリシマの美しさに魅了されていました

DSC01018_20160601170045ac0.jpg

今年のミヤマキリシマに大満足して 「坊がつる」

ここで水分補給

少し休憩してラストピークを目指します

DSC01020.jpg

今から行くぞ!待ってろよ ウオオオオオオオアアアアアアアアアアアアアアアアアア\( ‘ω’)/

東斜面の急登に取り付きます

気温も上がり朝の清々しさは消えていた

大船の鉢窪ガレ場ルートでスタミナを使ってしまったのでかなりしんどい

大量に出る汗をぬぐいながら乳酸がたまる脚を一所懸命に上げる

急勾配を手と足をふんだんに使ってなんとか南峰へ

DSC01030.jpg

正面に見えるラストピークへ

「三俣山・本峰」 (1744.7m)

DSC01031.jpg

ついに17サミッツ達成!

思わず山頂標識にハグ (#^.^#)

しばらく一人で目標達成の余韻に浸る

前回のリベンジできて良かった

人間って不思議なもので目標があるとなぜか頑張ることができるんですよね

次はどんな目標にチャレンジしようかな? (笑)

さぁ~ 帰るとするか~

「もう登らなくていい」と思えば気分が随分楽になった



地震の影響❹ すがもり越の愛の鐘は立入禁止

DSC01040.jpg



地震の影響❺ 鉱山道に大きな落石あり (写真なし)



大曲経由でスタート地点の牧ノ戸へ

DSC01042_201606011701200f1.jpg

今日は一日ピーカンの天気でした

そんな青空の下、くじゅうの山々を歩き大自然を満喫

しかもたくさんのミヤマキリシマを鑑賞できた

素晴らしい一日に感謝

またくじゅうに歩きに来よう~



あぁ~ 顔と首、そして両腕が日焼けで真っ赤っか

痛いよぉーーー ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3



軌跡

牧ノ戸 23'04 沓掛山 38'07 扇ヶ鼻 31'22 星生山 22'08 久住分れ 17'35 久住山 22'08 稲星山 26'09 天狗ヶ城 9'25 中岳 28'02 白口岳 34'42 立中山

1:36'35 大船山 13'31 北大船山 43'32 平治岳 39'05 坊がつる 1:09'17 三俣山南峰 9'40 三俣山本峰 21'43 すがもり越 23'53 大曲 25'56 牧ノ戸

トータル 9:56'17 ( 31.66㎞)



  1. 2016/06/01(水) 21:56:00|
  2. 「大分」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

一本松 次郎

Author:一本松 次郎

最新記事

最新コメント

カテゴリ

「登山」 (215)
「宝満山」 (141)
「三郡山地」 (7)
「福岡」 (32)
「佐賀」 (2)
「長崎」 (0)
「大分」 (21)
「熊本」 (5)
「宮崎」 (4)
「鹿児島」 (0)
「山口」 (2)
「鳥取」 (1)
「お花観賞」 (2)
「トレラン・マラソン」 (7)
「ボランティア」 (2)
「ラーメン」 (1)
「その他」 (3)
「未分類」 (0)

カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR