FC2ブログ

また山?

どんとなった ♪ 花火だ ♪ きれいだな ♪ 空いっぱいにひろがった ♪

「8ヶ月ぶりの…  宝満山 猫谷川新道~大谷尾根道 本導寺より」

2月17日





本導寺の猫谷川新道入口を 10:25 にスタート

DSC07011.jpg

睡眠十分で元気一杯

さらに8ヶ月ぶりの猫谷なのでワクワクが止まらない

このコースの見どころの滝巡り

まずは 「夫婦の滝」

DSC07013.jpg

一番見応えのある 「花乱の滝」

DSC07017.jpg

四合目付近からチラホラ雪が…

DSC07025.jpg

「爆音の滝」 の梯子がなくなってた。。。

DSC07027.jpg

そして五合目の 「庭石荘」

DSC07031.jpg

その上の分岐点は…

DSC07033-1.jpg

もちろん急登コースで!

「霧雨窟」 にはツララができてた

DSC07037.jpg

そこから先の登山道は雪で覆われていましたよ

DSC07039.jpg

久しぶりの 「釣舟岩」

DSC07041.jpg

チラホラと雪が舞い落ちてくる

ここにもツララが…

DSC07044.jpg

水場に立ち寄る

DSC07050.jpg

キャンプセンターも真っ白~

DSC07054.jpg

そして山頂 (気温-1℃) へ

DSC07060.jpg

展望は全くなし

DSC07059.jpg

そしていつものとこへ

DSC07067.jpg

雪化粧した 「稚児落とし」

今シーズン、あと何回見れるのだろうか?





本導寺 1:08'42 宝満山 0:25'54 本導寺

トータル 1:34'36



スポンサーサイト



  1. 2016/02/17(水) 16:59:12|
  2. 「宝満山」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「鉄塔と御来光  龍王山朝駈け 龍王林道登山口より」

2月11日





龍王林道登山口を 5:37 にスタート

左側から聞こえていた沢のBGMもすぐに消え静かな杉林の中を歩いていく

林道を横切って水場を過ぎたらひと登りで稜線です

その稜線を右折するとすぐに龍王山の山頂(615.6m)だ

山頂は広場になっていて東南から西側にかけて展望が開けており三郡山地を一望できる

まずは夜景観賞

福岡市内方面

DSC06915.jpg

こちらは飯塚市内の夜景と甘木三座

DSC06921.jpg

次第に地平線が焼けてくる

DSC06924.jpg

もしや…

木々で焼けてる方向がほとんど見えない。。。

ここに居ても御来光は見えないな (汗)

意を決して移動

歩いてきた稜線を戻りそのまま直進

北東へと進み石の祠がある 「龍王神社」 へ

ここも周囲が木々で囲まれ展望なし

更にそのまま直進

どこか開けたところはないか…

と探しながら稜線を走って移動

夜が明けたころに鉄塔のある広場に飛び出した

DSC06940.jpg

正面が大きく開けており右から甘木三座、英彦山…

そして左には福智山地が一望できる大展望の場所です

DSC06962.jpg

移動してきて大正解でした (嬉)

下がっていたテンションも一気に回復⤴

7:10

DSC06946.jpg

犬ヶ岳と求菩提山の間から太陽が出てきました

DSC06951.jpg

いやいや… 太陽さんはのぼってきてくださいね~ ^^

DSC06956.jpg

御来光と鉄塔とのコラボレーション

DSC06961.jpg

鉄塔フェチにはたまんない場所ですね!

DSC06970.jpg

太陽が目覚めたばかりの飯塚の街並みを照らします

DSC06972.jpg

徐々に焼けが濃くなっていきます

DSC06975.jpg

でも今朝の焼け具合はこれが限界。。。

DSC06978.jpg

鉄塔越しに見る御来光もいいもんです

DSC06991.jpg

つくづくここまで移動してきて良かったぁ~ と思った

DSC06992.jpg

お気に入りの場所に登録決定です!

DSC06997.jpg

今日も御来光を拝めるとができて大満足でした~

しばらくここでモーニングしてそのまま直進し下山

すると龍王林道の途中にある瓶割展望台へ出た

その後は龍王林道を歩いてスタート地点へ戻りました





今日は予想外の展望に戸惑ったが思い切って移動して大正解だった

瓶割展望台からだとおそらく鉄塔広場までは15分くらいで登れそう

手っ取り早く御来光観賞したい時にはココいいかもね (笑)

また今度朝駈けしに来てみよう~





無題

龍王林道登山口 0:31'39 龍王山 0:09'30 龍王神社 0:15'51 鉄塔広場 0:06'50 瓶割展望台 0:41'39 龍王林道登山口

トータル 1:45'29



  1. 2016/02/11(木) 12:43:01|
  2. 「福岡」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「ダイヤモンド祖母山  根子岳東峰朝駈け 前原牧場より」

2月10日





下道を走り約三時間で登山口がある前原牧場に到着

今から登っても時間をもてあそびそうなので一時間ほど仮眠 💤

そして 5:23 にスタート

頭上には満点の星がキラキラ ☆彡

足元は霜がヘッデンに照らされてキラキラ ✨

でも登山道はいきなりの急登 (;^_^A アセアセ…

アキレス腱とふくらはぎの筋肉を伸ばしながら登っていく

気温が氷点下なので土は凍っていて滑らないので助かった

一気に高度を上げて東峰へ

シャツを着替えてコーヒーで温まりながら待機

6:25 宇宙のファンタジー

DSC06809.jpg

祖母傾のシルエットが美しい

こちらは朝霧に浮かぶくじゅう連山

DSC06828.jpg

天狗岩の背後には高岳が鎮座

DSC06836.jpg

くじゅう連山が徐々に焼けてきます

DSC06854.jpg

気温は低いが昨日と違って風がほとんど無いのでさほど寒くない

でも素手で写真を撮っていると手が寒さで痛くなる

狭い山頂であちこち移動しながら御来光を待つ

そして 7:07 ついに…

DSC06863.jpg

ちょっとだけずれていますが 「ダイヤモンド祖母山」

DSC06874.jpg

いつもより輝きが増したような太陽

DSC06876.jpg

一気にテンションMAX ↑↑↑

DSC06892.jpg

そして…

ホントはこれが見たかったんです!

DSC06897.jpg

モルゲン天狗岩

感動しまくりで写真を何枚も撮りましたよ

欲を言えば雪化粧した天狗岩が焼けるのを見たかった。。。

でも大・大・大満足です \(^o^)/





素敵な朝をありがとう~

DSC06906.jpg

また来るよ! 根子岳





前原牧場 0:33'08 根子岳東峰 0:11'49 前原牧場

トータル 0:44'57





  1. 2016/02/10(水) 13:32:37|
  2. 「熊本」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

「まさにワンダホー   三郡山朝駈け  頭巾山コース~欅谷Bコース」

2月9日





昭和の森を 5:07 にスタート

まずは頭巾山を目指します

今朝はさほど寒くはない

やはり歩き始めるとすぐにじんわりと汗が出てきます

街の灯りは見えるが空の星は輝いていない

少し不安な気持ちで登っていくと上の方はチラホラと雪が残っていた (嬉)

頭巾山に到着すると風で木々が騒ぎ出す

縦走路は雪が凍結しておりアイスバーン状態

滑らないように気を付けて三郡山頂へ

強風で体温が奪われる

すぐにシャツを着替えてコーヒー飲みながら落ち着く

気になる展望は…

DSC06709.jpg

厚く黒い雲で覆われて街の灯りは全く見えない

風があたらないところを探してしばし待機

そして 7:19

DSC06736_20160209102011c29.jpg

徐々に空が焼けてくる 

DSC06746.jpg

闇から産まれそうな太陽

DSC06744_20160209102012fce.jpg

7:25 ついに…

DSC06751.jpg

産まれた!

DSC06754.jpg

半分以上諦めていただけに嬉しさ倍増⤴

DSC06758.jpg

レーダードームも焼ける

DSC06767.jpg

速い速度で雲が流れる

DSC06769.jpg

この神々しさ…

DSC06785.jpg

まさにワンダホー

御来光見れたし今日は素晴らしい一日になる予感

午後からの楽しみで逸る気持ちを抑えながら欅谷Bコースで下る

このコース、前に歩いたのいつだったっけ?

一年以上歩いてなかったかも…

今度寒波が来たら欅谷の大滝を見に行ってみよう~





無題

昭和の森 0:56'40 頭巾山 0:15'15 三郡山 0:41'58 昭和の森

トータル 1:53'53



  1. 2016/02/09(火) 10:25:33|
  2. 「三郡山地」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「白い珊瑚礁 でも撃沈。。。  由布岳 朝駈け」

2月3日





家を出ると雨が降っていた。。。

今日は雨予報だったっけ?

天気予報の嘘つき…

でも朝倉まで来ると雨はやんでいた

ちょっとだけ期待してワンオク聴きながら湯布院へ

登山口の手前の坂は凍結していた (汗)

トイレが建築中の正面登山口から 5:14 に取り付く

クラッシックを聴きながら歩いていく

(たまたまラジオからクラッシックが流れていただけ…)

道中見えていた月と星

そして雲!

その雲が化けることに期待

しかし見えていた湯布院の街の灯りが徐々に霞んでいった

でも期待していなかった雪が登山道を覆いテンション↑

積雪は2~3㎝程度だが最初に付ける自分の足跡はメッチャ嬉しい

が…

わたしの前に獣ちゃんが登山道を歩いていた

その獣ちゃんの足跡に導かれて高度を上げていく

どこまで続くのか??? と考えながら歩く

その足跡はマタエの直下まで続いていた

DSC06665.jpg

今日は西峰から御来光を…

と思っていたがこのガスでは期待できそうにないので無理せずに東峰へ

DSC06658.jpg

夜明け前だが真っ白の山頂

DSC06654.jpg

動きが止まると一気に汗が冷えだし体温が奪われる

DSC06660.jpg

ダウンとソフトシェルを羽織る

DSC06628.jpg

風を避けるために大岩の陰へ

ブラックセブンで購入したコーヒーで温まる

そしてエアー縄跳び!

これ、かなり効果大ですよ (笑)

二重跳びすると ハアー ハアー

DSC06634.jpg

由布岳のてんきとくらすの予報では晴れだったが…

やはり予定時刻を過ぎても太陽は顔を出さなかった。。。

DSC06640.jpg

でも山頂付近は樹氷で真っ白~

DSC06649.jpg

見事な白い珊瑚礁にウットリしちゃいましたよ

西峰… いや御鉢すら見ることなく下山

下山は自分が付けてきた足跡を辿りながら登山口へ

今日は景色は楽しめなかったが素晴らしい樹氷を堪能できた

DSC06669.jpg

その景色の写真が一枚もなかったので狭霧台から湯布院の街をパチリ

DSC06673.jpg

ありがとう 由布岳

また来るよ!





正面登山口 1:14'36 マタエ 0:08'32 東峰 0:06'38 マタエ 0:42'44 正面登山口

トータル 2:12'30



  1. 2016/02/03(水) 22:11:19|
  2. 「大分」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

一本松 次郎

Author:一本松 次郎

最新記事

最新コメント

カテゴリ

「登山」 (215)
「宝満山」 (141)
「三郡山地」 (7)
「福岡」 (32)
「佐賀」 (2)
「長崎」 (0)
「大分」 (21)
「熊本」 (5)
「宮崎」 (4)
「鹿児島」 (0)
「山口」 (2)
「鳥取」 (1)
「お花観賞」 (2)
「トレラン・マラソン」 (7)
「ボランティア」 (2)
「ラーメン」 (1)
「その他」 (3)
「未分類」 (0)

カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR