FC2ブログ

また山?

どんとなった ♪ 花火だ ♪ きれいだな ♪ 空いっぱいにひろがった ♪

「第2回 伊万里ハーフマラソン2016」

1月11日





伊万里ハーフマラソンに参加してきました

無題1-1

11月の福岡マラソン以降、左足の裏に痛みを感じるようになり思ったようなトレーニングができませんでした

さらに年末年始の不摂生で気付いたら体重が4㎏増加 (大汗)

レース前の一週間のトレーニングで体重を戻そうと頑張りましたが足の裏の痛みで距離が伸びず、

1㎏減量するのが精一杯でした (涙)

それでも参加するにはベストを尽くして走りたいと思います

目標タイムは 「1時間45分」

スタート地点でさいとさんとまーくんに会いました

お互いの健闘を誓い 10:00 に号砲

SBSH0743.jpg

今回は前の方を陣取ることができまずまずのスタート

福岡マラソンと比べると参加者(ハーフの男女で約2300人)が少ないので1㎞も進めば自分のペースで走ることができました

5’00/㎞で走る計画でしたがやはりレースになれば気持ちの高ぶりと周りの雰囲気でペースが速くなります

4’20~30/㎞で走るも6㎞くらいで左の脇腹が痛み出します

しかしすぐに痛みは治まり一安心

足の裏の痛みも最初はありましたが走るにつれて痛みが麻痺してあまり感じなくなりますが、

走り終わった後の痛みが心配。。。

このレースは伊万里湾を反時計回りに周回するコース

コースの下見はできませんでしたがパンフレットでコースの情報を収集

10㎞地点の伊万里湾大橋手間がかなり長い上り坂となっているようです

しかし上り坂は得意としているので十数人をパス

10㎞をちょうど45分で通過

調子よく走れていますが体重が増加した影響でお腹の贅肉が気になり思うように身体が付いていきません

折り返し地点から先も少々アップダウンがありましたが踏ん張ります

常にわたしと同じペースで走るおじさまのパタパタという足音が耳障りで自分のペースを保つのに苦労しました

約18㎞地点の二里大橋から先がまたもや上り坂となります

この終盤での上り坂はかなり堪えましたがここでやっとおじさまを引き放つことに成功!

その後は沿道の声援から力をもらい最後の力を振り絞ってゴ~ル!

SBSH0744.jpg

やはりこの瞬間は最高です!

やり遂げた者にしか分からない達成感

レース中の苦しさが快感に変わる瞬間を味わうためにまた走っちゃうんですよね~

無題2-1

コンディションはベストではありませんでしたが目標タイムを達成できて大満足のレースとなりました (嬉)

今度は1時間30分を目指して頑張るぞーーー





せっかく伊万里まで来たので目標達成のご褒美に伊万里牛を食べに行きました

「ステーキ&レストラン 勝(ショウ)」

SBSH0746-1.jpg

伊万里牛のサーロインステーキ150ℊをオーダー

SBSH0751.jpg

こんなお肉見たことない!

ヨダレが出てきそうです

I's a show time!

SBSH0753.jpg

先ずは一口

すると口の中でとろけて無くなっちゃいました~

最高のお肉を食べることができてこちらも大満足~

今度は山でステーキ焼いちゃおうかな (笑)



伊万里市二里町大里甲1780

0955-22-6661

11:30 ~ 14:30 / 17:00 ~ 20:30

定休日 木曜日



スポンサーサイト



  1. 2016/01/11(月) 20:15:59|
  2. 「トレラン・マラソン」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

一本松 次郎

Author:一本松 次郎

最新記事

最新コメント

カテゴリ

「登山」 (215)
「宝満山」 (141)
「三郡山地」 (7)
「福岡」 (32)
「佐賀」 (2)
「長崎」 (0)
「大分」 (21)
「熊本」 (5)
「宮崎」 (4)
「鹿児島」 (0)
「山口」 (2)
「鳥取」 (1)
「お花観賞」 (2)
「トレラン・マラソン」 (7)
「ボランティア」 (2)
「ラーメン」 (1)
「その他」 (3)
「未分類」 (0)
「広島」 (0)

カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR