FC2ブログ

また山?

どんとなった ♪ 花火だ ♪ きれいだな ♪ 空いっぱいにひろがった ♪

「お邪魔しま~す!  羽金山(標準電波送信所) 白糸の滝より」

福岡県糸島市にある紫陽花が見頃の 「白糸の滝」 へ

DSC02351.jpg

ここの駐車場から 「羽金山」 を目指します

DSC02267.jpg

その 「羽金山」 山頂には 「標準電波送信所」 があります

日本には福島の大鷹鳥山とここ 「羽金山」 二箇所しかありません

その二箇所から 「誤差ゼロ電波時計」 の基となる日本標準時と標準周波数を送信しているんです !





まずは登山ルート図で今回の行程を確認

DSC02262.jpg

デッカ橋 → 白糸の滝分岐 → 河童山  へと進み 「羽金山」 を目指すこととします

まずは 「電波塔専用道路」 へ取り付くとすぐに警備員に止められる

DSC02271.jpg

「羽金山まで登山です」 と伝えると

「山頂は霧で真っ白ですが鉄塔がある山頂広場まで行かれますか?」 と…

「はい」 と返事をすると

無線?で山頂の電波塔と通信

しばらくして電波塔から許可をいただき無事に入山することができました

そのまま舗装された 「電波塔専用道路」 をまっすぐ進む

10分ほど歩くと看板が現れる

DSC02274.jpg

一般の車はここまで通行可能とのことだが駐車スペースがさほど広くないので

登山者は下の 「白糸の滝」 に駐車したほうが無難のようだ

右側のチェーンを超えてさらに進む

すると…

DSC02277.jpg

「デッカ橋」 です

ガードレールにデカデカと書かれた橋の名が印象的

この名の由来はなんだろう~?

橋を渡るとすぐに分岐点がある

DSC02281.jpg

左の 「羽金山」 へ直登する 「電波塔専用道路」 は山頂まで舗装道路が続き面白くないので右折して大好きな山林の中へ

ヤマアジサイなどのお花と沢のせせらぎに癒されながら縦走路を目指す

DSC02285.jpg

ひんやりとした登山道を気持ちよく歩いて縦走路に上がり左折

すぐに 「河童山」 の道標が現れる

景色は期待できないがせっかく来たので寄り道

わずか1分で 「河童山 (874m)」 山頂です

DSC02301.jpg

予想どおりガスで展望なし

晴れてれば山頂の電波塔が見えるはずだが残念。。。

いつ雨が降りだしてもおかしくない天気なのですぐに折り返し縦走路へ戻り先を急ぐ

DSC02306.jpg

アブラチャンのトンネルをくぐると 「立入禁止」・「高電圧危険」 の標識が取りつけられたフェンスが見えてくる

DSC02315.jpg

この辺りからついにポツリ…ポツリ…と小雨が落ちてきた

フェンスの脇を抜けると…

DSC02341.jpg

「はがね山標準電波送信所」 です

今日は作業中でゲートがあいてました

写真を撮っていると警備員が近寄ってきて 「山頂広場に行かれるんですよね?」 と…

下の警備員から連絡が入っていたらいく話しが早い

警備員が送信所の係りの方に直接交渉してくれました

その交渉はこれで行うんです!

DSC02342.jpg

扉を開けるとインターホンがあります

DSC02320.jpg

しばらく応答を待って入場許可をいただきついに場内へ

思わず 「お邪魔します~」 と言っちゃいましたよ (笑)

山頂標識と三角点

DSC02335.jpg

もちろんガスでまったく展望なし

200mの高さがある電波塔

DSC02338.jpg

先端まで見ることができなかった (涙)

青空が広がる晴天時に海を見ながら電波塔の下でゆっくりランチしたいな

(注意  施設内は火気厳禁です!!)





そう~ そう~

ここには略奪された黒田藩の軍用金10万両が埋蔵されている伝説があるそうです

お宝伝説がある山 「羽金山」

もしかしたら鉄塔の下には………

なぁ~んてね!





白糸の滝 0:16 デッカ橋 0:17 縦走路 0:13 河童山 0:14 羽金山 0:23 白糸の滝

トータル 1:23


スポンサーサイト
  1. 2015/06/30(火) 21:45:13|
  2. 「福岡」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「裏油山をぐる~り周回(九電ルート)  油山~荒平山 城の原林道終点より」

コンクリートで舗装された城の原林道の終点よりスタート

DSC02217.jpg

小雨が降っていたので傘を差して歩いていく

すくっと立ち並ぶ杉の木の上はガスで白い

DSC02218.jpg

スタートしてわずか二分で分岐点へ

DSC02220.jpg

老朽化しているため木製の標識の文字が消えていて読めません

「西福岡今宿線18号・19号」 と書かれた白い九電の標識が目印

DSC02221-1.jpg

沢へ下りそこから登り返す

この登山道は九州電力の鉄塔の巡視路でもあるため踏跡が明瞭で歩き易い

DSC02225.jpg

ところどころに沢が流れており橋が架けてある

DSC02227.jpg

もちろん渡ります

しばらくすると尾根に上がる

DSC02230.jpg

落ち葉の絨毯が気持ちよい

気づけば降っていた雨もやみ傘をたたむ

二つ目の鉄塔の手前に水場がありましたよ

DSC02237.jpg

急登をクリアーすると再び尾根に上がり国見岩からのルートと合流

DSC02239.jpg

ここから山頂まではわずか

DSC02245.jpg

今日はPM2.5と曇天の影響で視界はまったく無かった (涙)

DSC02249.jpg

写真だけ撮って 「荒平山」 を目指す

やや傾斜が急な縦走路をどんどん下っていくと鞍部へ

そこは四差路になっており道標が設置してあるので確認

「荒平山」 へは直進です!

ここから上り返すと 「荒平山 (395m)」 山頂です

DSC02259.jpg

ここには昔お城が建っていたとのこと!

DSC02261.jpg

「安楽平城」 というお城だったとか…

DSC02258.jpg

残念ながら山頂は木々に囲まれており展望はありませんでした

DSC02254.jpg

わずかに咲いていた紫陽花を観賞しながらしばらく休憩して

「城ノ原・一仙道方面」 へ下山し周回してスタート地点に戻りました





木々の葉っぱや苔の緑が美しい自然豊かな登山道

どころどこ沢が流れ水の音が和ませてくれる

足元には豊富な落葉が敷き詰められておりサクサク感がたまらない

どことなく裏宝満と似た雰囲気の 「九電ルート (南ルート)」

今回が初めてでしたが一発で大好きになりました

今度は雨上がりに歩いてみたいな





城の原林道終点 0:42 油山 0:16 荒平山 0:06 城の原林道終点

トータル 1:04



  1. 2015/06/24(水) 17:57:37|
  2. 「福岡」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「ベストタイム更新! しかも…   猫谷川新道~宝満山~大谷尾根道 本導寺より」

宝満山登山道の中で大好きなコース

「猫谷川新道」

一番好きかも…

DSC02121.jpg

本導寺にある登山口から取り付くとすぐに目新しい看板が…

DSC02124.jpg

今まで何回もこのコース歩いてるが初めて見た

歩きながらふと思った

「前回ここを歩いたのはいつ?」

「今年になって歩いたっけ?」

「いや、まだ歩いてないかも…」

なんて事を考えながら歩いているとなんだか今日は調子よく歩ける

なので少しタイムを気にしながら先に進む

(ちなみに前回このコースを歩いたのは今年の1月7日以来で約半年ぶりでした)

するとここにも…

DSC02125.jpg

今月がその 「伐倒作業安全月間」 なんだろ~





このコースの中で一番大きな滝 「花乱の滝」 を一枚

DSC02126.jpg

滝から発散されるマイナスイオンをめいっぱい吸収してリフレッシュ





途中まで 「今日はなんだかいつもより汗をかかないな~」 なんて思っていたらとんでもない

五合目の 「庭石荘」 まで来ると汗ビッチョリになっていた

ここでスタートから20分

まずまずのタイムで歩けてます

ハンドタオルで汗を拭きながら 「急登コース」 を頑張って登り八合目の 「剣の岩」 へ

ここでもタイムチェック

するとスタートから36分だった

このペースで上がればベストタイムが出そうだったので最後の力を振り絞って山頂を目指しました

裏の鎖場から階段を這い上がり山頂(気温 21℃)へ

気になるタイムは…



「 0:43’29 」



ベストタイムから4分短縮できました (嬉)

裏の岩場で南側から吹き上げてくる心地よい風を浴びながらしばらく自己満足の世界に浸る

今日の空もPM2.5?黄砂?の影響でかなり霞んでいました

DSC02135.jpg

空にはたくさんのツバメが飛び交っていましたよ

天気は予報どおりこれから下り坂なんだろ~

三郡山地の峰々にも霞がかかっていました

DSC02145.jpg

到着したときには貸切だった山頂がおじ様おば様たちで大賑わいに!

DSC02141.jpg

楽しそうな会話を聞きながら山頂のお花を探すもこれといって見当たらず残念

しかし宝満山の夏を告げるあのお花がすくすくと育っていました

開花が楽しみですね~





汗もひき落ち着いたところで下山します

もちろんコースは 「大谷尾根道」

登りがベストタイムだったのでトータルでもベストを狙ってみます

いつもは 「稚児落し」 で撮影しますがタイム短縮のため今回はパス

ノンストップでゴールを目指します

いつも 「カモシカ新道」 の取付点でのタイムが山頂から10分前後

通過と同時に時計を見ると少し早い

「これはもしかして…」

といつもよりスピードを上げて下ります

そうは言っても下りでの転倒は大怪我に繋がりますので慎重さも大事です

最後の沢を渡るところまで無事に下ってきました

ここでもタイムチェック

ここで踏ん張ればイケルと判断

ラストスパート

そして無事にゴール!!

ゼーゼーハーハーと息が上がるなかドキドキしながら時計をチラ見すると…

ギョ・ギョ・ギョ… (驚)

そして思わすガン見!!




『 0:59’44 』




いつかは達成したいと思っていたタイム

1時間切りを出すことができました~

これまた自己満足ワールドへ!

次はどのコースでベストタイムを狙うかな?

竈門神社から往復一時間切り

イケルか?

↑ (ヾノ・∀・`)ムリムリ





こいつもそろそろ限界かな?

DSC02146-4.jpg

いつも付き合ってくれてありがとう~






本導寺 0:43’29 宝満山 0:16’15 本導寺

トータル 0:59’44

(上り下り共にベストタイム更新)





  1. 2015/06/17(水) 15:47:31|
  2. 「宝満山」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

一本松 次郎

Author:一本松 次郎

最新記事

最新コメント

カテゴリ

「登山」 (215)
「宝満山」 (141)
「三郡山地」 (7)
「福岡」 (32)
「佐賀」 (2)
「長崎」 (0)
「大分」 (21)
「熊本」 (5)
「宮崎」 (4)
「鹿児島」 (0)
「山口」 (2)
「鳥取」 (1)
「お花観賞」 (2)
「トレラン・マラソン」 (7)
「ボランティア」 (2)
「ラーメン」 (1)
「その他」 (3)
「未分類」 (0)

カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR