FC2ブログ

また山?

どんとなった ♪ 花火だ ♪ きれいだな ♪ 空いっぱいにひろがった ♪

「本谷山~ブナ広場テン泊  日向登山口より」

くじゅう下山後、向かった先はここでした~ (^-^)/

DSC04767_20160928203531a16.jpg

祖母傾縦走路にある 「ブナ広場」 です!



くじゅう下山後に次どうしよか???

と暇つぶしに持ってきてた 「のぼろ」 の表紙にテントの写真が…

その場所は 「山上のオアシス、ブナ広場」 でした

記事を読んでみると登山口からさほど時間がかからず行けそうなのでここに決定!

竹田経由で尾平へ

途中でこんな看板が…

DSC04842.jpg

そしてナビが迂回ルートへ誘導する

そのルートへ迂回すれば約50㎞は遠回りしなくてはならない

ダメ元でそのまま進むとやはり工事中の看板が…

DSC04841_20160928210033c2c.jpg

やはり通行できないのか???

工事の方に聞いてみると通ってよいとのこと!!!

良かったぁ~

そして無事に登山口がある尾平越トンネル(宮崎県側)に到着

DSC04743.jpg

ここには登山口が二か所あるが登りは 「日向(ヒムカ)登山口」 に取り付く

13:22 にスタート

登山道は比較的歩き易いが久しぶりの歩荷なので滝汗

額からは汗がポタポタと落ちる

汗を拭こうと立ち止まると小バエがまとわりつき鬱陶しいのでノンストップで 「尾平越」 へ上がる

DSC04754.jpg

前回ここからトンネルの大分県側へエスケープして失敗したことを思い出した (;_;)

今回は縦走路を東へ

DSC04757.jpg

緩やかな登りを歩いて行きます

DSC04758.jpg

三郡山地の縦走路も好きだがここの縦走路も大好きだ

DSC04762.jpg

気持よく歩いて本日のベースキャンプ地の 「ブナ広場」 へ

DSC04772.jpg

幕営が完了すると小雨が落ちてきた

しばらくテントの中を整理しながら休憩

やっと小バエの攻撃から解放された

落ち着いたところで雨がやんだので縦走路を散歩

こんなところが目の前に現れたらついついスキップ♪しちゃいます

DSC04782.jpg

ササ原はガスの中

DSC04790.jpg

展望のない 「本谷山」まで歩いてブナ広場へピストン

DSC04793.jpg

水場で水浴びしスッキリした後はご褒美のビール

この瞬間がたまらない

DSC04802.jpg

坊がつるでテン泊する予定だったのでディナーは 「すき焼き」

(なぜか?坊がつるではいつもすき焼きなので……… 特に意味はありません)

テントに入って降り始めた雨が19:00を過ぎたころから土砂降りに

ラジオの音が聞こえないほどの大きな雨音

そして繰り返す稲光と響き渡るゴロゴロ音

幸い近くはなかった

一時間ほどすると雷はおさまった




一晩中降った雨

翌朝5:00に目が覚めると小雨になっていた

その雨は夜明け頃やんだ

テントから出てみると大障子岩の稜線が見えた

DSC04808.jpg

モーニング食べてマッタリした清々しい朝のひと時を過ごす

軽くなったザックを背負いブナ広場を後にする

DSC04817.jpg

南側には雲海が広がっていた

DSC04823.jpg

縦走路でハートを見つけてホッコリ~

DSC04826.jpg

結局、歩いている時は雨にあわずに良かった

でも終始、小バエが纏わりつくので参った。。。

祖母までピストンしたかったが今日はここまで

DSC04833.jpg

今度は必ず行くから待ってろよ~ 祖母山!

あ~ 紅葉が楽しみだな~ ^^





軌跡

日向登山口  0:52'32 ブナ広場 0:55'40 本谷山 0:23'56 ブナ広場 0:28'26 本谷登山口

トータル 2:40'34




スポンサーサイト



  1. 2016/09/28(水) 22:38:00|
  2. 「宮崎」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「大崩山」

祖母から下山後、大崩山登山口へ

その登山口で車中泊

疲れが残ってたら登らずに帰宅しようと思っていたが…

元 気 !

なのでこちらも初のチャレンジをしてきました

DSC03985.jpg



987.jpg



DSC04002.jpg



DSC04017.jpg



DSC04018.jpg



DSC04028.jpg


DSC04031.jpg



DSC04032.jpg



DSC04033.jpg



DSC04035.jpg



DSC04045.jpg



DSC04049.jpg



DSC04052.jpg



DSC04059.jpg



DSC04058.jpg



DSC04062.jpg



DSC04072.jpg



DSC04077.jpg



DSC04081.jpg



DSC04083.jpg



DSC04089.jpg

またまた天気が悪くて景色は楽しめませんでした (涙)

こちらもリベンジ決定です!





無題

登山口 0:25’49 大崩山荘 0:19’27 ワク塚分岐 0:48’53 袖ダキ 1:12’36 上ワク 0:20’14 坊主・ワク塚分岐

0:19’51 大崩山 0:14’12 坊主・ワク塚分岐 0:22’01 小積ダキ 0:54’17 林道分岐 0:14’58 大崩山荘

0:12’06 登山口

トータル 5:24’24 (16.64㎞)




  1. 2015/09/11(金) 23:04:18|
  2. 「宮崎」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

「ササユリ様! あなたに逢いたかった  行縢山」

宮崎県延岡市にある 「行縢(ムカバキ)山」

「この山に登ろう~」 その時に思ったこと!

それは…


「行縢(ムカバキ)」 って何???

「縢」 って初めてみる漢字

こんな字、絶対読めない。。。

どうやって書くの?

「行」 を 「ムカ」 と読むなんて…


そんなことを考えながら行縢神社よりさらに上に登った林道終点の最奥駐車場に到着

その駐車場の登山口から取り付く

DSC01805.jpg

準備してきた地図とこの案内板を照らし合わせてみるも案内板の地図がアバウトすぎて参考にならなかった (悲)

でもこのおちゃめなキャラに見入ってしまいました (笑)

DSC01809.jpg

早朝の澄み切った空気を思いっきり吸い込み沢が奏でるBGMを聴きながら 「滝見橋」 へ

DSC01831.jpg

天を仰ぐとこの山のシンボルである 「行縢の滝」 が手招き

DSC01995.jpg

その手招きに誘われて滝直下へ寄り道

DSC01875.jpg

日本の滝100選である落差77mのダイナミックさはお見事!!

ここで早速本日のお目当てと御対面 (嬉)

しかしそのお方はかなり遠く

しかも高い位置にあるので写真には収めることができなかった (悲)

気を取り直しこの後にお会いした常連さんからの情報を期待して先に進む

今回の山行がはじめてなので 「雌岳」 経由で山頂(雄岳)を目指すこととした

道標に従い途中から右折する

いばらく歩いたところからの眺め

DSC01885.jpg

剥き出しの岩の山肌がワイルドでカッコイイ~

赤テープや標識に従い 「雌岳」 (809m) へ

DSC01887.jpg

その先の展望台からの眺めを楽しみましたよ

DSC01889.jpg

目前に聳え立つ山々の名が分からないのは辛い。。。

しばらく景色を楽しみながら休憩して先を目指す

露岩が点在する尾根の登山道を歩いていると…

DSC01893.jpg

ついにあなたに間近で逢うことができました (ササユリサマ)

登山道の傍らにたった一人でよそよそしく佇む薄桃色の美人

その控えめな佇まいが美しさをいっそう引きたてる

尾根歩きから新緑混じりの渓流歩きへと変化

DSC01928.jpg

木漏れ日のグリーンシャワーでリフレッシュ

DSC01940.jpg

県民の森を通って 「三の汗」 と呼ばれる分岐点へ

DSC01949.jpg

道標の形はこの山の容姿を模っているんです!

面白いですね~ (ナイスセンス)

ここで少し休憩

大きく深呼吸して天を仰ぐと…

DSC01950.jpg

天へと吸い込まれていきそうな錯覚を覚える

道標に従い行縢山(雄岳)山頂 (829.9m) へ

DSC01961.jpg

南側が切れたった断崖で高度感抜群

DSC01957.jpg

延岡市街と日向灘が一望でき展望も言うとなし

その山頂の断崖に…

DSC01981.jpg

ササユリ様が…

あなたに逢えて感動です

そんな可憐なお姿を見ていると心和みます (ウットリ)

最盛期は過ぎていたものの十数輪咲いていましたよ

でもその多くが手の届かない崖にあり撮影がなかなか難しかった





感動の余韻に浸りながらランチタイム

DSC01979.jpg

今回はデザートに 「笹(ササ)もち」 をいただきました~ (笑)





下山は 「崖下コース」 を歩いて周回しようと思いましたが常連さんの情報によると

落石により登山道が崩壊しているとのことで断念しました

そこで一旦 「三の汗」 まで下り 「山の神」 経由で下山

途中で見かけた案内板

DSC01993.jpg

それによると 「行縢(ムカバキ)」 とは…

『武士が着用した毛皮製の すねあて 』 との!

この山の遠望がその 「すねあて」 に似ていることからこの名がついたとのことです

DSC02004.jpg

疑問が解決できてスッキリ~

バリエーション満載の登山道

素晴らしい展望に美しいお花 「ササユリ」

そしてこの山のシンボルである 「行縢の滝」

四季を通じてこの山に触れてみたい

これからは新緑から夏の深緑へと変化

その次の季節 「秋」 にはどんな表情を見せてくれるのだろうか?

その時期にもう一度 「滝見橋」 に立って天を仰いでみたいな~





最奥駐車場 0:38 行縢の滝 1:05 雌岳 0:44 県民の森 0:15

三の汗 0:32 山頂(雄岳) 0:26 三の汗 0:34 最奥駐車場

トータル 4:14


  1. 2015/05/26(火) 22:37:59|
  2. 「宮崎」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

「九州百名山 白鳥山 御池登山口(宮崎県側)より」

熊本県と宮崎県にまたがる五家荘山地の 「白鳥山」 を歩いてきました

九州百名山地図帳には 「御池登山口」 という所が二ヶ所載っています

場所が違うのですが登山口の名前が一緒なんです

紛らわしいですね~ (惑)

今回は宮崎県側の唐谷(カラタニ)の 「御池登山口」 から取り付きました

DSC00591.jpg

砂防堤の左側から標識に従い山へ入っていきます

右側にゴーロの涸谷を見ながらクヌギ林の中を歩いていく

DSC00597.jpg

転がる石灰岩や伐採された樹木に生した苔の緑色が美しい

DSC00602.jpg

しばらくすると 「巨杉の水場」 と呼ばれる場所に出る

DSC00604.jpg

今回はパイプから水は出ていなかった

右側から聞こえてくる樹木を伐採するチェーンソーのエンジン音を耳のしながらさらに登ると尾根へ上がる

そこで熊本県側の 「御池登山口」 や 「新椎葉越登山口」 からの登山道と合わさる

DSC00615.jpg

ここで鹿さんがお出迎え

足元には 「バイケイソウ」 が群生していましたよ!

ここまで来ると山頂は目前です

7分ほど歩いて広くて平坦な山頂へ

DSC00623.jpg

残念ながら周りが木々で囲まれているためにあまり展望は良くありませんでした

山頂には三角点やもしものときのレスキューポイントがありましたよ

DSC00626.jpg

一息ついてランチタイムとしました

今回のレシピは…

DSC00630.jpg

「山のねぎま鍋」

ゆず七味を振り掛けると美味しさ倍増でした~

甘ぁ~い蜂蜜ソースの 「黄金のプッチンプリン」 をいただいて片づけをしていると

空から何やら白いものが降ってきました

よ~く見ると小さな雪でした

そして下山する頃には普通に雪が降っていましたよ

まさか雪が降るとは…

ちなみに鹿児島市内では雹(ヒョウ)が降ったそうです!





今回歩いた 「白鳥山」 は5月になるとヤマシャクヤクが咲き誇ります

今度は違うルートでヤマシャクヤクを観に来たいな (笑)





御池(唐谷)登山口 0:34 白鳥山 0:29 御池(唐谷)登山口

トータル 1:03



  1. 2015/04/14(火) 21:19:00|
  2. 「宮崎」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

一本松 次郎

Author:一本松 次郎

最新記事

最新コメント

カテゴリ

「登山」 (215)
「宝満山」 (141)
「三郡山地」 (7)
「福岡」 (32)
「佐賀」 (2)
「長崎」 (0)
「大分」 (21)
「熊本」 (5)
「宮崎」 (4)
「鹿児島」 (0)
「山口」 (2)
「鳥取」 (1)
「お花観賞」 (2)
「トレラン・マラソン」 (7)
「ボランティア」 (2)
「ラーメン」 (1)
「その他」 (3)
「未分類」 (0)

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR